引越し 役所 手続き

引越しと役所での手続き

引越し 役場 手続き

 

選挙のお知らせや市民税などは市町村役場から通知が送られてきます。
ですから引越しをしたら、市町村役場で次のような手続きをしなければいけません。

 

・市外引越しの場合は、転出届および転入届の提出。
・市内引越しの場合は、転居届の提出。
・印鑑登録
・国民健康保険
・国民年金
・公立の小中学校の転校手続き
・児童手当の手続き、保健所の手続き、母子手帳の手続き

 

役所での手続きでは印鑑や身分証を求められる事が多です。
これらは常に用意して行きましょう。マイナンバーカードをお持ちの場合はカードも持参してください。

 

まずは住民票の変更手続きが必要です。
市外引越しと市内引越しとでは、手続き方法が異なりますのでご注意ください。

 

市外引越しの場合は引越し2週間前から引越し日までに、「転出届」を提出してください。
そして引越し後2週間以内に、「転入届」を新居のほうの市町村役場に提出しましょう。

 

市内引越しの場合は引越し後2週間以内に、「転居届」を提出しましょう。

 

家や車のローンを組むときに必要な印鑑証明書、こちらも引越ししたら手続きをしなければいけません。

 

印鑑登録は「転出届」が受理された時点で自動的に消滅します。
印鑑登録が必要な方は、引越し先の市町村役場で手続きしてください。

 

登録者の本人確認の書類と登録する印鑑を持参すれば、印鑑登録証を即日交付することができます。

 

引越しの2週間前に国民健康保険の保険証を持って窓口で手続きを。
そして引越し2週間以内に、印鑑を持参して新居の市町村役場で「保険証」を発行してもらってください。

 

怪我や病気に備えるためにも、保険証の手続きはお早めに。

 

国民年金は転入の際に指定窓口にてお問い合わせください。その際、年金手帳をお持ちください。

 

小中学校(公立)の転校手続きには学校で在学証明書と教科書受給証明証を発行してもらって、新居の役場にある教育課にそれらを提出します。
こちらは引越し後、すぐに新しい学校に通えるよう早めに手配しなければいけません。

 

ほかにも、お子さんがいらっしゃる方は、児童手当の手続きや保健所の手続き、母子手帳の手続きなども必要です。